2022/1/8-11&1/22-2/6

この星に立って – Akiko Komai. Exhibition 2022

 

あけましておめでとうございます。
2022年が皆さまにとって明るく希望に溢れる1年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

2022/1/8(土) – 1/11(火) @伊勢外宮参道ギャラリー

11:00 – 18:00(最終日16:00まで)

三重県伊勢市本町6-4 シャレオ2階 https://isekikuichi.com/gallery/

新年は再び伊勢よりスタートいたします。

 

●1/8(土)16:00より、実近修平さんによるムビラ演奏にてオープニングセレモニーを開催します。

 (ご予約は要りません。ドネーションにてお願いします。)

 

 

<実近修平(さねちか しゅうへい)Mbira演奏>

 

ちいさなころからこころの奥で美しいものが鳴り響いている その美しいものには旋律がある。その旋律を見せてくれたのは ショナ民族のMbira奏者のRinos Mukuwurirwa Simbotiだった 。
自分の内部にあったものが他者により現されることを喜び、師事をはじめる それを物質(=音楽)として現わすためにMbiraを弾き続けている 。
美しいものを目の前に現れたひとたちへ伝え共有することを喜びとしている 。

 

Africa Zimbabwe のショナ民族に太古より伝わる伝承民族楽器Mbiraのソロ奏者。
2007年よりショナ民族のMbira player & maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。
2020年までに9度、Zimbabweに渡る。2017年、に”Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2017”、2019年に”Simboti tour 2019”をオーガナイズし奏者として出演する。
日本では京都、東京、大阪を中心に演奏活動と伝承曲を教えている。 Simbotiの作ったMbiraと合奏を収録したCDを販売している。
大師匠はMubayaiwa Bandambira Simboti tour 2019 Karigamonbe>>
https://www.facebook.com/shuhei.sanechika

 

 

 

2022/1/22(土) – 2/6(日) @Star Poets Gallery

13:00 – 19:00(予約制)

京都市上京区中務町491−71二条城GALAXY601(Access

お気軽にご予約下さい。ご予約・お問い合わせはこちら>>

 


Message from Akiko Komai.

 

 

昨年の初秋に「神々さまを一堂に展示しよう!」と、Star Poets Gallery仁美さんと思いつき、今年は一月から伊勢・外宮参道ギャラリーでの展示から始まり、札幌・新潟・仙台・岡山、そして年末の鹿児島、6か所もの地で「神々さまと姫神さま 巡回展」を開催することができました。

それぞれの地で、様々な出会いがあり、新たな深いご縁もいただきました。

出会ってくださった皆様、ありがとうございました。

励ましてくださった皆様、ありがとうございました。

お世話下さった皆様、神々様、どうもありがとうございました。

 

地上時間で生きている私たちは、ある長さのある人生の中で、何度かの転機を経験します。

転機は日々にも何度も起こっているのかもしれないし、人生に久々、何年かぶりかもしれないし、それぞれさまざまです。

ギューッと凝縮したような時間の後、バーッと・・またはフワッと・・気が付くと、それまでとは何か違う流れに飛び込んでいたりします。

 

私は今から約20年前に、その転機を一度経験しました。

それまでの人生では思いもしなかった方向へと進み始めました。

私にとっては思いもしなかった方角だったので多少びっくりでしたが、後になって眺めると、それまでの生きて経験してきたこと、出会ってきたこと、ご縁・・・それらがあってこその、新しい道だったのだなと思うのです。

 

そんな大なり小なりの転機をいくつも乗り越え、体験しながら私たちは歩いていくのだけど、今この地上時間で私たちは、かなりの規模で、かなりの人々がギューッとなった時間を過ごしています。

(苦しい、つらい思いの方・・・大丈夫ですよ。きっと。)

右往左往しながらも、私たちがその自分の感じている思いを大切に、毎日を一歩一歩と進んだ先で、ふと思い返すことができるようになったなら、その時はきっともう大丈夫なんですよね。

地球規模でバーッとフワッとが起こるのでしょうね。

 

もちろん宇宙ではこんなこと何度も何度も繰り返しているのかもだけど、私たちの一生の時間で、みんなが同時にそのギューッにいるというのは、ホントに不思議で、なんという時・ところに居合わせたんだろうと・・・実はワクワクもしています。

 

そんな地球時間のこの一年に、各地にご縁をいただく旅をできたこと、感謝しています。

約20年目の今の私にとっても、また転機なのかもしれません。

 

間もなく、新しい扉が開かれます。

さぁ、どんな未来に漕ぎ出すのでしょう。

この中で出会い、体験した様々を「福」として携えて、明るい未来へ「Sail-光りのdimension!」

 

2021.12 Akiko Komai.

 

 

この星に立って

2021年、振り返れば、伊勢外宮参道ギャラリーを皮切りに、全国を巡回した

Akiko Komai. 「神代の言の葉〜神々さまと姫神さま」展、

伊勢、京都、札幌、新潟、仙台、岡山,鹿児島と巡回してきました。(巡回展の模様はこちら>

その土地に祀られる神様たちのご縁のネットワークなのでしょうか。

 

光のグリッド周波数によって結ばれた人々と神々と土地のご縁。

日本人の自然への畏敬や信仰に対する遺伝的役割、そのようなテーマもまたこの巡回展の主旨には散りばめられていました。

神様の名前は難しいけれどとても味わい深い意味があります。

 

懐かしい再会や、新たな人々との出会い。この巡回展そのものが私にとってはこれまで

Star Poets Galleryが生かされてきた感謝とともに、まるで巡礼のような気持ちになる美しい旅となりました。

東京三宿にスターポエッツがあった時から駒井明子さんと紡いできた20年近くに及ぶ魂の姉妹のような結びつきと、

駒井アートを通じて、

より人々に普遍的に楽しんでいただけるような霊的な感受点としてのアートへの啓蒙活動。

全国各地の皆様との交流によりその足並みがいよいよ本格的に始動していると感じられた巡回展でした。

 

どこにいっても気持ちよく迎え入れられ、新しいご縁に恵まれ、美味しいものをいただき、温かな温泉に浸かり、私も明子さんも行く先々で日本の美しい自然界の光に

感銘を受け、魂が滋養を得るようなひと時を何度も体験しました。

改めまして全国各地でお世話になった皆様、神々様ありがとうございます。

 

駒井明子のアートは風の時代と言われるこのアクエリアスの時代において、

日本でも1980年代から始まったニューエイジムーブメントや最近のスピリチュアルブームの流れを汲みながらも、

新たな示唆を与え、純粋な美意識の源泉に個人を誘います。

個人で家族でみじかなリビングで楽しむアートの存在価値として、受け入れていただける芸術作品としても次なるフェーズに入っていると感じています。

 

霊性と物質性の統合のパワーを与える、個人に対するオーダーアートのシリーズは、現在700名以上を超え

魂の純化、進化の速度によって、確実に個人のライフスタイルにおいてインスピレーションとサポートを促しています。

 

今回の2022新年の伊勢での個展「この星に立って」では、

私たち個人個人の持つさらなる躍動と静かなる熱望、

本質への意識の目覚めをお祝いするような作品たちを展示いたします。

もちろん神々様のシリーズもお連れします。

 

駒井明子の作品を通して、皆様にお伝えしたいのは、

より微細で繊細な純粋な輝きのクオリティー、波動を高める振動するアートとしての、デジタルアートのクオリティ。

お部屋にもう一つの窓を開きます。

 

伊勢では毎日明子さんと在廊いたします。

 

オープニングではジンバブエショナ族に伝わる伝承音楽、ムビラ演奏家

実近修平さんのセレモニーで幕開けです。

 

2月には京都スターポエッツギャラリーにて展示いたします。

 

どうぞお伊勢参りも兼ねて、あるいは京都での滞在も兼ねて皆様のご来場を心より

 

お待ちしております。

 

この星に立って、ともに歩んでいきましょう。

 

Star Poets Gallery  今村仁美

 

  

 

駒井明子. Profile

1954年生まれ、神奈川県葉山町在住。
子育てを通して出会った仲聞たちと長年に渡りシュタイナー教育や瞑想、クリスタル、タロット他のスピリチュアルな探求をする。
2000年の冬、それまで一度も触れた事のなかったバソコンを自宅に購入。同時にパソコンソフト「Illustrator」に出会う。
これが運命のギフトとなり、朝から晩まで絵を描く事に没頭するようになる。

鎌倉・茅ヶ崎・京都・長野・新潟・表参道などで、個展・グループ展に参加。
Star Poets Galleryでの個展は2004年からほぼ毎年。
ライトワークスのミスト・スプレーやエッセンスボトルのラベルアートに採用。
「ソウルメイト・オラクルカード」のアート&デザインを担当。
ヘリオコンパス2010のカバーデザイン。
ライフワークの「インプレッサ」・「スピリットコレクション」を続ける傍ら、カードリーディングも好評。

 

book_card
『神代の言の葉カード』(株式会社ヴィジョナリーカンパニー)
駒井 明子:絵 川合 絵津子:著 三橋 健:監修
価格8,000円(税込8,400円)
2L版カード・ガイドブック付き・カードを飾っておくための専用フォトスタンド付き

 

 


『もしもあなたの小さなさとりが地球をすくうなら』 (5次元文庫)
ジェームズ・アレン/著
快東みちこ/訳
駒井明子/絵
徳間書店

 

 

Akiko Komai. Information
Web : http://www.mizuhoshi.com/
E-mail : moondrops.htm@jcom.home.ne.jp

 


新型コロナウイルス対策について

Star Poets Galleryは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を講じた上で、オープンしております。

出入口に消毒液を設置しております。

ドアノブ、エレベーターボタンなどの消毒液による清掃を強化しております。

窓をオープンにし、換気を強化しております。

 

※ご来場時のお願い

マスク不着用でのご入場はご遠慮ください。

手洗い・手指消毒の感染予防対策にご協力ください。

展示室内では2m以上の距離をあけてご鑑賞ください。

発熱や咳、くしゃみ、鼻水などの症状、その他体調不良のある方は、当日のご来場をご遠慮いただきますようお願いいたします。

 


 


SPG開催の「駒井明子. Exhibition」一覧はこちら>>

unica開催の「駒井明子. Exhibition」一覧はこちら>>