2017/11/21-26

APERON – continuum 連続性 – シド・マリークラーク in 京都・余花庵

2017/11/21(火)-26(日)

11:00 – 20:00(最終日18:00)
会場:アートスペース余花庵
主催:Star Poets Gallery

——————————————————

11/21(火) レセプションパーティー 17:00 – 20:00

作家を囲んでのパーティです。お気軽にご参加ください。

 

去年に引き続きアートスペース余花庵での新作展です。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


 

 

 

Message From Sidd Murray-Clark/シド・マリークラークからのメッセージ

 

哲学では、リフレクション(反映)という概念を説明するために、私たちは物事の秩序の中に存在するという表現を用いることがある。

例えば ‘As above so below’ 「上なる如く、下もまた然り」

‘Ying and Yang’ 「 陰と陽」

‘Gravity and Grace’ 「重力と恩寵」

Microcosms and Macrocosm [「小宇宙と大宇宙」

それはダイナミックなリフレクションのプロセスである。

そして芸術も同様に、鏡としてのリフレクションであり

そしてランプのように映し出す光である。

 

クリエイティブなプロセスの探求を通して、私の表現の手段は、私のヴィジョンと切り離すことはできず、

それは絶え間なく、絡み合いながら行ったり来たりしていると私は感じている。

 

そして創造のプロセスを通して私に言えることは、自己の内省というリフレクションが、

生の連続性である偉大なるリフレクションを開いていることである。

 

今回の展示APERONで、私はこの生きることの連続性を内省して、

アートを通して、この終わりのない今のプロセスの中で、生の連続性の多様性を祝う。

 

 

シド・マリークラーク

APERON に聴く

 

シド・マリークラークの今回の展示においてはそのタイトルにAPERON(エンドレス)という響きを持つギリシャ語の古語を用いている。
偉大なる生命の円環の作用において、永遠の意識の連続を往来する創造の原野APERON。
シドの絵画から起こるインパルスに共鳴した瞬間、あなたの内側で何が起きているのかを観てはどうだろうか。シンプルな提案として。

 

Star Poets Gallery 今村仁美

シド・マリークラーク アートの紹介

シドのアートは、自然と自己の内なる自然、その両者の関係の探求にあります。

様々な媒体を使うことで、材料が絵のテーマやヴィジョンを上手く表現できる助けとします。

彼にとってのクリエイティブなプロセスとは、探求と蒸留と言えます。

このプロセスを通して、アイデアやイメージの本質を追及し、その真髄を表現することができます。

シドの作品の中には、本質に至ることを目的とした削除を試みるために、抽象的な形に働きかけることがあります。

このプロセスと自己の瞑想との間に、たくさんの類似点を彼は発見しています。

 

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

 

 

 

Sidd Murry-Clark/シド・マリークラーク Profile

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

 

Sidd Murray-Clark is an artist, designer and teacher who works and exhibits his art in Asia and Europe.

 

シド・マリークラークは、アーティスト、デザイナー、そしてティーチャーであり、
アジアやヨーロッパで自身の作品を発表しています。

 

Sidd is an artist writer and teacher.
He shares his creativity to help expand consciousness and sensibility in people’s lives and their environment.

 

シドはアーティストであり、またライター、ティーチャーでもあります。
彼は自らのクリエイティビティを分かち合うことで 人々の人生や環境における感受性と意識の広がりを助けます。
彼は内面の世界と外の世界の両方を探求し、その二つの世界の間にある生き生きしたつながりに働きかけます。

 

BIOGRAPHY

Sidd was born in Edinburgh, Scotland.

His very early years were spent in Singapore, before returning to England for his formal education.

He studied stage design for theatre and television and received a degree at Central School of Art, London.

He then received a post-graduate diploma in art education at London University, and a Calouste Gulbenkian Foundation scholarship.

His creative life has involved landscape and architectural design as well as writing, illustration and graphic design for publishing, while living in many countries both East and West.

He currently lives in Japan, holding exhibitions and teaching inspirational creativity workshops.

 

http://www.siddart.com

 

<経歴>
スコットランド・エディンバラで生まれる。

幼少期をシンガポールで過ごした後、イングランドに戻り教育を受ける。

ロンドンのセントラルスクール・オブ・アートにて、舞台デザインの学位を取得。

後に、カルースト・グルベンキアン財団の奨学金を受け、ロンドン大学のアート教育における大学院学位を取得。

シドの創作活動は、多くの国における在住経験の間に、景観設計や建築デザイン、執筆、出版物のイラストレーションやグラフィックデザインなど多岐にわたる。

2006年より兵庫県西宮に在住。

 

<アートエキシビション略歴>

1976 Beaminster Gallery, Somerset UK
1992-1995 Pune, India
1996

Regency Hotel Group, Maharashtra India

Oberon International Group, India & Singapore

2000 Neoteric Studios, California, USA
2001

Marin Country Open Exhibitions, California, USA

Sausalito Art Festival, California, USA

2002

Living Gallera, solo exhibition, Amsterdam, Netherland

Open Studios Exhibitions, California, USA

2003

Ironstone Gallery, Annual artists exhibition, California, USA

Period Gallery, Nebraska, USA

2004 Tadu Contemporary, New Mexico, USA
2005 Arte-Misia Gallery, Arizona, USA
2006 Arte-Misia Gallery, Arizona, USA
2007 個展 ギャラリーほりかわ(神戸・三宮)
2008

個展 ギャラリーほりかわ(神戸・三宮)

個展 HYGGE SPACE(神戸・三宮)

2009

合同展 ヒルサイドテラスギャラリー(東京)

個展 スターポエッツギャラリー(東京)

2010 個展 スターポエッツギャラリー(東京)
2011 Aloka Creative Center, Brighton, UK

個展 ギャラリーほりかわ(神戸・三宮)

個展 スターポエッツギャラリー(東京)

2012

個展 一畑百貨店美術サロン(島根・松江)

個展 スターポエッツギャラリー(東京)

2013 個展 スターポエッツギャラリー(東京)
2014

個展 スターポエッツギャラリー(東京)

個展 あじさいギャラリー(神戸・三宮)

2015 個展 オーラソーマインターナショナルカンファレンス(東京)
個展 法然院(京都)スターポエッツギャラリー主催
個展 Unica creative space(東京)Unica creative space・スターポエッツギャラリー主催
2016

個展 アートスペース余花庵(京都)

個展 Unica creative space(東京)

個展 Unica creative space(東京)Unica creative space・スターポエッツギャラリー主催

2017

コラボレーション展 スターポエッツギャラリー(京都)
個展 Unica creative space(東京)

 

 

Design / Teaching

1974 –1978

Smallworks Theatre Design Group

Lecturer at Central School of Art & Design St Martins, London

1981- 1986 City planning and landscape design, Oregon USA
1988 Book Designer & illustrator for Labyrinth Books Firenze, Italy
1989 Co-authored ‘History of the Future’- published by Simon & Schuster
1989-2000

Returned to India to develop the Osho Meditation Resort, Pune,

Masterplans for eco-recovery parks and large residential projects.

2000 -2004 Neoteric Studios, multi design group in CA, USA

 

<デザイン>

現代バレエと、クラシックバレエのプロダクションに参加 ヨーロッパ、インド)

ランドスケープデザインとガーデンデザイン (インド、アメリカ)

グラフィックデザインとイラストデザイン(アメリカ、イギリスの出版物)

 

<講師経歴>

セントラルスクールオブアートの講師

アメリカ、ヨーロッパ、日本においてペインティングワークショップ開催

 

 

—シドの作品はこちらからご覧になれます。—

 

http://www.siddart.com

 


 

 

SPG開催のシド・マリークラークエキシビション一覧はこちら>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です