2019/9/3-8

Dear,Orion – Aki Horiuchi Exhibition

2019/9/3(火) – 9/8(日)
11:00~19:00(最終日〜17:00)
@福岡 ギャラリー天神 Art friends

 

◆9/3(tue)  17:00~19:00 /2,000yen (drink&foods)
Opening Party
Live : 堀内亜紀×Vortex Voice Yayoi(from 福岡)

詳細はこちら>>>


◆9/5(thu)  17:00~18:00 /2,000yen
たんたん×堀内亜紀+ルシエル セッションLIVE

詳細はこちら>>>


◆9/7(sat)  14:00~17:00/3,000yen
Talk Live : “Dear, Orion 〜根源の青の記憶〜” 星、鉱物、色から解かれる礒良〜海の岩戸開き!

詳細はこちら>>>

Message from Aki Horiuchi

 

Dear, Orion

未知なるものを怖れることなく自身の真実で在れるように。

目に刺さるようなシリウスブルーの「水底の太陽」

その飛沫から3つの作品が生まれました。

それらの青のシリーズには「安曇の磯良」という存在が常に近くにあり、

謎の多い磯良の本拠地は福岡志賀島。

まるで海の岩戸開きのようなその伝説はオリオンの3ツ星のリズムを経て果たされるのかもしれません。

 

堀内亜紀

 


Message from Star Poets Gallery

 

日本は令和となって時代の変わり目にある今、あらゆる物事の森羅万象が日々の中で終焉を迎え、新たなる時の発露へと向かい始めています。

私たち一人一人に向けられる個人の愛と力の発揮。
文化という括りでは一言で表せられない霊性や精神性の豊かな土壌からなる創造を具現化し造っていくための表現者の一人として、堀内亜紀が自然界から託された芸術の神託は新たな文脈を生み出しています。

「亜紀さん。福岡で個展をしましょ!」やってきた宙のほとりからのメッセージ!
そこからは速い、この時代。行動が鍵。ありがたきタイミングにてギャラリー天神Art friendsさんと出会わせていただけました。

福岡にて堀内亜紀の個展を開催できる喜びに感謝いたします。

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

主催:Star Poets Gallery 今村 仁美


 

   

さて安曇礒良である。かつての文明の記憶とともに私たちの眠れる遺伝子が目を覚ます。

シリウスからオリオンから幾多に及ぶ星々の物語に、彼の水底からの優美な舞は生命の記憶を濾過し、透明な青の記憶へと大いなる銀河へと引き継がれた。

2017年作「水底の太陽」

そして「宇宙太陽神(2015)」から「龍宮マリア(2018)」

今年横浜馬車道での個展で発表された「星の塔門 2019」

「春のライオンの女神 2019」 「THOTH (2019)」

「シラヤマククリヒメ(2019)」の完成に至る一連のプロセスを経て、

この度の新作、オリオン3部作となる。

 

堀内亜紀の絵画は自動書記のごとくに抽出される光の角度を変えながら、あちらからこちらからメッセージを手向ける者たちによって構成されているようだ。

よってただ絵画鑑賞に終わらない観るものの側の視点を基点を多次元に変容させるちからがある。

幾何学世界の行間に漂流するうつろい、まつろうものたちの幕間を超えていく希望のマトリックス、来る未来の現代よ!

それらはまるで量子の渦の海溝に刻まれた宇宙文書を発見するように、ざわざわと肌の内側から命が発する仕掛けに気づくようにいざなってくる。

 

あなたの記憶と交わる時を逃さない。

 

Star Poets Gallery 今村 仁美

 

 


9/3(tue)  Opening Party


17:00~19:00 /2,000yen(drink&foods)

Live : 堀内亜紀×Vortex Voice Yayoi(from 福岡)

作家を囲んでのパーティです。お気軽にご参加ください。

 

堀内亜紀 Aki Horiuchi Profile

 

奈良県在住
武蔵野美術大学短期学部工芸デザイン科卒業
書籍装丁画やタロットカードの作画などを多く手がけたイラストレーターを経て、2011年頃よりそれまでは作品の一部に現れていた”自動書記”に近い制作形態が画面全体を占めるようになり、自然な流れで神々や精霊たちに満ちた世界を描く画家としての制作を行うようになり現在に至る。

 

■賞歴
第4回ART BOX大賞展グリーンネットワーク賞/玄光社イラストレーション誌ザ・チョイス入選(第113回)・準入選(81回)/第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選(リクルート・ガーディアンガーデン)/第1回ギャラリーハウスMAYA『挿画を描くコンペティション』グランプリ

 

■展覧会
1995年 第4回ART BOX大賞展受賞記念二人展(ART BOXギャラリー)/ インスタレーション個展(原宿ハイパーオンハイパー)
2002年 第1回ギャラリーハウスMAYA『挿画を描くコンペティション』受賞記念個展
2003年 企画展出品 (画廊飛鳥)
2010年 個展 (近鉄百貨店 橿原 美術画廊) 
2011年 企画展出品 (ギャラリーベルンアート)/ブース展示(癒しフェアOSAKA)/個展 (近鉄百貨店 橿原 美術画廊)
2012年 個展(ギャラリーハウスMAYA)/個展 (ギャラリーカフェTakeno)/企画展出品(ギャラリーハウスMAYA)
2013年 個展 (StarPoetsGallery 東京) / 個展 (近鉄百貨店 橿原 美術画廊)
2014年 個展 (ギャラリーカフェTakeno)/企画展出品(もずみみはらのアトリエ)
2015年 個展(ギャラリーハウスMAYA)/企画展出品 (PALETTE GALLERY)/個展(Galleryならまち村)
2016年 個展 (画廊飛鳥)
2018年 個展 (StarPoetsGallery 京都) /企画展出品(StarPoetsGallery 京都)

2019年 個展(横浜馬車道大津ギャラリー)

 

Vortex Voice Yayoi Profile

歌・ライア(ドイツの竪琴)をメインに、オリジナルの楽曲を創作&演奏。

風や波、星や月、森・・・美しい自然と輝くいのちの喜びを歌にして世界を旅する、コズミック吟遊詩人♪

 

多感な子供時代を九州で過ごした後、上京、大手銀行に就職、結婚

7年後、シングルに戻ったことが大きな転機となり、イギリスの大学院に留学、環境学を学ぶ。国連インターン経験の後、帰国。政治的な立場ではなく、もっと自分に合うやり方で貢献できないか・・と考えた末、子供の頃から好きだった音楽の道を目指すことを決心。

化学会社の通訳として働きながら、竪琴を学び始める。

「楽器を弾くためには心と体のバランスが大事」という師匠の教えのもと、演奏と共に気功太極拳に基づくオリジナルのボディーワークを15年学ぶ。その間、アシスタントとして多数のコンサート出演、ホスピスや福祉療育施設、小学校などでの演奏、また、講師として老若男女、障害の有無を問わず、ボディーワークの指導に2008年より携わる。

2017年、ソロとして独立。今まで培ってきた経験をすべて統合し、オリジナルの作品を創り始める。2018年、イギリスのウェールズを皮切りに、本格的なライブ活動を開始。

2019年〜 京都、石垣島、福岡、ウェールズにてライブ。

 

 

 

 

 

 


9/5(thu)
たんたん×堀内亜紀+ルシエル セッションLIVE


17:00~18:00/2,000yen

鉱物術師でありクリスタルボウル奏者としても長く活動しておられるたんたんこと高橋寿介氏。
糸島のアースキーパーでもあるその音世界を、堀内亜紀が声の旅をします。
ルシエルこと小林永氏のライトランゲージも加わり、その場で起こっている事象をメッセージとともに紐解きます。

 

予約申し込み;

今村のFBメッセンジャー https://www.facebook.com/hitomi.imamura.140

Mail : as@star-poets.com

 

 


9/7(sat)  Talk Live
“Dear, Orion 〜根源の青の記憶〜” 星、鉱物、色から解かれる礒良〜海の岩戸開き!


14:00~17:00/3,000yen 要予約

出演:堀内亜紀
小林永(たましい革命新聞主筆・占星術師ルシエル)
高橋寿介(鉱物術師)
香村正仁(細男舞奉納者/仙骨調整師)

今村仁美(Star Poets Gallery)

特別ゲスト:半田広宣((株)ヌースコーポレーション代表取締役)

 

この度は福岡での堀内亜紀の個展に強力なサポーターの面々がトークセッションとしてご参加くださることになりました。

長きに渡り人気を博すめるまが、“たましい革命新聞”主筆で占星術師のルシエルこと小林永さん、糸島を拠点に鉱物アート教室を各地で開催している鉱物術師たんたんこと高橋寿介さん、春日大社にて細男舞を奉納する仙骨調整師らむーこさんこと香村正仁さん。

また特別ゲストに半田広宣さん((株)ヌースコーポレーション代表)をお迎えし、それぞれのマニアックな知識と洞察から、堀内亜紀作品世界の読み解きが開封されます。

直感的認識と、宇宙とのチャネルに開かれたトークセッションをお楽しみください。

司会進行はスターポエッツギャラリーの今村が努めます。

 

予約申し込み;

今村のFBメッセンジャー https://www.facebook.com/hitomi.imamura.140

Mail : as@star-poets.com

 

 

小林永 ルシエル Profile

1962年生まれ。27歳の時に神智学のアセンデットマスター・エルモリアの呼び声に答え、精神世界の探求に入る。

29歳の時にクンダリーニ現象、激しいチャネリング体験が始まる。5年間隠棲し、読書と瞑想に時を過ごす。

35歳。占星術の研究に一生をかけると誓い、全ての時間をそれに捧げる。

「旅する占星術師」として「とにかく、行ってみる。」を信条に「旅する占星術師」と名乗って20年の活動実績がある。

2008年「みえない大学新聞!」をアメブロとまぐまぐでスタート。今では普通になった新月・満月の星読みの情報の草分けとなる。

2012年のウエサク満月の日、ライトランゲージのヤンタラ・ジローに出会い、ライトランゲージを習得。

2018年 独自の神秘主義的世界観を伝えるために「たましい塾」を開始。ライトランゲージによって、参加者の魂の星への扉を開く活動をサロン的に展開。

 

たましい革命新聞!

https://ameblo.jp/social-alchemy/

 

たんたん/高橋寿介・たかはしとしすけ Profile

1961年生まれ。2001年から瞑想ワークを開始し深いレベルでのチャネリングを通してさまざまな高次の存在とコミュニケーションをはじめる。

同時期、クリスタルボウルによる演奏、ワークショップもスタート。

2004年群馬県前橋市に「ヒーリングサロン カーサロータス」オープンし、誘導瞑想、クリスタルワークによるセッション、講座を開始。
2006年には世界的なクリスタルワーカー・メロディ女史に師事し、メロディ♪・クリスタルヒーリング・レベル1.2認定ティーチャー、グランドフォーメーション・ワーク・認定ティーチャーとしてメロディ・クリスタルワークを東京を中心に全国各地において活動。

2011年には福岡市東区にカーサロータス福岡開設。

2012年には福岡県糸島市に拠点を移し、東京、福岡を中心に活動。

2018年、13年間つづけた東京サロンをクローズし、糸島市で数十年ぶりに本格的な画業を再開。現在は鉱物術アートの制作活動と鉱物術アート教室開催、クリスタルワーク、誘導瞑想ワークと多角的な活動を行なっている。

たんたん公式サイト http://shangrilans.com

 

らむーこ/香村正仁(細男舞奉納者/仙骨調整師) Profile

春日大社最大の祭り、若宮おん祭の細男舞の奉納者。

古のやまと心の目覚めを軸に、仙骨調醒と能動覚醒を薦める共有の場を設ける活動を25年間続ける。

「宇宙は完全、人間も完全」の理解を人々に手渡し、生命の永遠性を基底とした「逝き方」の薦めと、人類が新しき世界の創造側へ立ち位置を反転させる「能動知性の想起」を志向している。

神仙道の研究も行っている。
参考ブログ:https://ameblo.jp/yamatout5-7/entry-12392219342.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=c99a282a1c3e45699fea0b3bcb3f42c8

 

半田 広宣  [Kohsen Handa] Profile

(株)ヌースコーポレーション代表取締役。武蔵野学院大学スペシャルアカデミックフェロー。

ヌーソロジーというポスト科学主義の宇宙論を提唱中。ヌーソロジーとは物質と精神を空間的視点から統合する具体的なイデア論です。

著書に『2013:シリウス革命』、共著に『シュタイナー思想とヌーソロジー』『奥行きの子供たち』などがあります。

[blog] cave syndrome
[twitter] twitter.com/kohsen
[facebook] facebook.com/handa.kohsen

 


   

 


SPG開催の「堀内亜紀 Exhibition」一覧はこちら>>