2012/12/1

trace – 量子的熱望 – Sidd Murray-Clark Exhibition2012

2012/12/11(tue)- 16(sun)
12:00-20:00
*最終日(12/16)のみ18:00 Close

——————————————————
オープニングレセプション 12/11(火) 18:30~
シド・マリークラークさんを囲んでのパーティーです。お気軽にご参加下さい。
*12/15(土)Sandesh サウンドインスタレーションはキャンセルになりました。

 

01 02

03 04

 

Message from Star Poets Gallery

 

シド・マリークラークの新作展示会です。
みなさまの ご来場をおまちしております。

 

スターポエッツギャラリー 今村仁美 眞田友恵

 

 

 

 

Trace~量子的熱望~シド・マリークラーク新作展のご案内

時のゆらぎの中に創造し、反復し、覚醒する跡、跡。
またたく間に刻まれた何者かの夢
生へと目覚めた一瞬の軌跡

ペインティング/ドローイングが融合し合う過程が美しい光を帯びて
静かに知ることのきっかけに近づく隙間を与えてくれます。
暗号のようなマトリックス作品群が照らし出すのは
私たちの歩んできた、
またこれからも歩んでいく生命たちの軌跡であり
進化への熱望という奇跡かもしれません。

今回のシドの作品たちはミクロコスモス/マクロコスモスの優雅な足跡を
追い、観る者の写し絵となって、歩んできた自らの痕跡に
足場を持たせます。

遥かなるこの一瞬にグラウンディングする装置
ペンの先に顕われた素粒子たちのポエトリーです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

スターポエッツギャラリー 今村仁美

 

 

Sidd Murry-Clark/シド・マリークラーク Profile

<アートの紹介>
シドのアートは、自然と自己の内なる自然、その両者の関係の探求にあります。様々な媒体を使うことで、材料が絵のテーマやヴィジョンを上手く表現できる助けとします。彼にとってのクリエイティブなプロセスとは、探求と蒸留と言えます。このプロセスを通して、アイデアやイメージの本質を追及し、その真髄を表現することができます。
シドの作品の中には、本質に至ることを目的とした削除を試みるために、抽象的な形に働きかけることがあります。このプロセスと自己の瞑想との間に、たくさんの類似点を彼は発見しています。

 

<プロフィール>
シドはスコットランドにあるエジンバラで生まれました。幼少期をシンガポールで過ごし、その後、教育のためにイギリスに戻りました。彼は舞台芸術デザインを学び、ロンドンのセントラルスクールオブアートで学位を受け、その後、ロンドン大学芸術学部の研究科を修了しました。

 

<アーティストとしてのキャリア>
ヨーロッパ、アメリカ、インド、アジアにおける個展
企業や個人からの作品のコミッション

 

<デザイナーとしてのキャリア>
現代バレエと、クラシックバレーのプロダクションに参加 ヨーロッパ、インド)
ランドスケープデザインとガーデンデザイン (インド、アメリカ)
グラフィックデザインとイラストデザイン(アメリカ、イギリスの出版物)

 

<講師経歴>
セントラルスクールオブアートの講師
アメリカ、ヨーロッパ、日本においてペインティングワークショップ開催

 

http://www.siddart.com


 

 


シド・マリークラークエキシビションリストはこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です