2015/10/28

第1回 ザビエ・ベトコート占星学講座 in 京都

【占星術とスピリチュアルライフ】
神殿としての出生図
~出生図を通じて、どのようにして自らの内なる光を見出すか~

日時

2015/10/28(水) 11:00~18:00 (10:40~受付開始)

受講料 ¥46,000(税抜き) (¥49,680(税込み価格))
定員 15名様
通訳 持田直子
開催場所

京の癒し町家カフェ【満月の花】 2Fセミナールーム

〒600-8072 京都市下京区 綾小路通 堺町東入ル 綾材木町 206-1

Tel. 075-201-1125

・阪急「烏丸駅」東改札口(地下)15出口より徒歩5分

・地下鉄「四条駅」北改札 1,3出口より徒歩5分

http://www.kyoto-tsukinohana.jp

Google Map ⇒  https://goo.gl/maps/gP0i5

主催 Star Poets Gallery / GIRASOL

お申込み
問合せ先

GIRASOL (担当:望月) 

Tel. 03-3377-7703 / Mobile 090-3903-7769

E-mail  info@girasol-x.com

お申し込みメールフォーム http://form1.fc2.com/form/?id=933271

※終了後、懇親会を予定しています。(同じ会場にて)

どなたでもご参加いただけます。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

《このイベントの詳細ページ》

http://www.girasol-x.com/workshop2015_kyoto.html


 

私が若い頃に受けた教育は合理的で科学的なものでした。けれども、私自身が深刻な事態に陥っていた頃、突然、夢に占星術が出て来ました。それから今に至るまで、占星術が私から消え去ることは決してなく、ずっと共に生きて来たのです。今回のワークショップでは、私が占星術の指導と個人セッションの30年の経験を通じて発展させて来た出生図の持つヴィジョンを、みなさんにお伝えしたいと思っています。これは長くてたいへんな学びの過程でもありますが、喜びに満ちた人生の旅路だとも言えると思うのです。

 

今回の占星学講座は、ビギナーの方にとって、占星術を学ぶのにとてもよい入口となることでしょう。また、既に占星術に馴染みのある方にとっても、自己理解を深めるのに、あるいは他者とどううまく付き合うか、対人関係について学ぶのに優れた道具として、出生図の新しい見方、理解の仕方を学んで頂ける時間となりましょう。

 

私たちはひとりひとりが神殿なのです。そして、もしも出生図が私たち個人を表すものであるならば、即ち出生図は神殿そのものだとも言えましょう。私のヴィジョンは、ここから導かれて来ているものです。

 

神殿は敬意と畏怖をもって歩み寄らねばなりません。出生図の構造というのは、即ちその人の構造に等しいと言えます。神殿としての出生図は、その人を精神性をもって生きることにリンクさせるのです。出生図を通じて私は、自分は一体何者なのか?人生の目的は何であるのか?を学んできました。出生図という神殿こそが、この問いかけに対する答えを示してくれるのです。

 

A) 神殿としての出生図を理解する

      a) 神殿とは何か?その目的は何であるか?

      b) 神殿の構造と十二宮図の構造

      c) 人間は聖なる神殿である

 

B) 出生図は記憶する芸術だ

      a) 出生図は完全性の表現である。誤りや悪いことなど何一つない

      b) 出生図の読み方を学ぶ時に、自分が何者かを忘れてはならない

      c) 自分だけでなく他者についても学ぶ(家族、恋人、友人あるいは競争相手)

      d) 神殿と曼荼羅に共通のもの

 

C) 神殿と同様に、12星座図も空間、時間、実体と関連づけられる

      a) 出生図が人生の躍動を明らかにする

      b) 形(空間)とリズム(時間)

      c) 神聖な形:円形、四角形、三角形

      d) 神聖なリズム:2、3、4

      e) 物質と気質:火、気、水、土

 


 

ザビエからのガイダンス(原文)

 

【Astrology and spiritual life】

The Natal Chart as a temple.

Finding how our natal chart guides us to find our inner light.

 

I had a rational and scientific education in my youth, but during a severe personal crisis, astrology came to me in a dream; since then it has never left me. My purpose is to communicate the vision of the natal chart that I have developed throughout three decades of experience in teaching and counseling.  It has been a long and hard working process, but a joyful voyage in life.

 

For those who encounter astrology for the first time, this short workshop will be a good introduction; for those who already have knowledge and experience about it, the workshop offers a new understanding of the natal chart as an excellent tool for self knowledge and for learning how to handle relationships with people.

My vision comes from this formula: every human being is a temple; if the natal chart represents the individual that we are, therefore the natal chart is itself a temple.

A temple has to be approached with respect and awe; the architecture of the natal chart is the architecture of the person. As a temple the natal chart links the person with the spiritual life. Through the natal chart I learn who I am and what my purpose in life is; this is what this temple reveals.

 

 

ITEMS FOR THE KYOTO WORKSHOP:

 

A)  UNDERSTANDING THE NATAL CHART AS A TEMPLE

        a)    What is a temple and what is its purpose?

        b)    Architecture of the temple and architecture of the Zodiac

        c)    The human being is a sacred temple

 

B)   THE NATAL CHART IS AN ART OF MEMORY

        a)    Our natal chart is an image of perfection. Nothing is wrong or bad in a natal chart

        b)    When we learn to see it we never forget who we are

        c)    We also learn to understand other people (family, lovers, friends or foes)

        d)    Equivalence between temple and mandala

 

C)   SAME AS A TEMPLE, THE ZODIAC IS ASSOCIATED TO SPACE, TIME AND SUBSTANCE

        a)    The natal chart reveals the pulse of life

        b)    Shape (Space) and rhythms (Time)

        c)    Sacred shapes: Circle, Square and Triangle

        d)    Sacred rhythms: 2 (binary), 3 (ternary), 4 (quaternary)

        e)    Substance and temperament: fire, air, water and earth

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です