2016/10/18-21

レベル4認定コース オーラソーマ®シンセシス パート1 in 沖縄

このコースは、オーラソーマ®システムの理解を様々なレベルで統合することを助けます。

 

例えば、知識としてある色の言語を生きることのエネルギーとして統合することで、コンサルテーションをする時や、オーラソーマを教える時にクライアントや生徒に深みを持って色を伝えることができるようになります。

 

オーラソーマの真髄をもっと深く体験したい人や、自分を変容したいと願う人、自分にとって必要な統合の機会を提供します。
また、オーラソーマの中で矛盾を抱えていたり、先に進めないようなチャレンジの状況にいる人にとっても、この統合のプロセスは今までの考え方や感じ方から次のステップを踏んでいく助けになります。

 

このコースはレベル4認定のコースとして認められており、またプラクティショナー更新ティーチャー資格の更新のリニューアルコースでもあります。

 

IMGP5887

 

日時

2016/10/18(火)~ 21(金)の4日間 10:00 – 17:30

受講前提条件 オーラソーマ レベル2以上修了の方が対象です。
受講料 ¥118,000(税込)  *登録費、修了証、テキスト、教材全て含む
*イギリス本部ASIACTより世界共通の修了証書が発行されます。
講師 黒田コマラ
開催場所 ホテルコスタビスタ沖縄セミナールーム
http://www.costavista.jp
主催 スターポエッツギャラリー/今村仁美
レベル4認定コース「オーラソーマシンセシス」の詳細はこちら>>

 

オーラソーマレベル4対応コース黒田コマラによる「オーラソーマ®シンセシス パート1」の開催です!

昨年に続き、沖縄にてコマラの「オーラソーマシンセシス」を開講できる運びとなりました。
オーラソーマにみなさまが出会ってからのプロセス、そしてこれからのそれぞれのオーラソーマとの共同創造に純粋かつ真摯に取り組む、4日間。
これから論文に是非ともチャレンジしていただき、パート2に至る道すじがきらめくブラッシュアップとなるように
ともに歩んでいきましょう!

 

このコースはオーラソーマカラーケアコンサルタントやティーチャーを志していただけるすべてのプラクティショナーに門戸を開いています。
またオーラソーマレベル2を修了されたすべてのオーラソーマを愛するみなさまにも素晴らしいトレーニングの機会となるでしょう!
沖縄のピュアな空気のなかでコマラの愛と知性に触れながら色彩の源泉に語り合い、統合してくメディテーションワーク!
コマラはマイクブースの通訳を務めている方でもあり、マイクのレクチャーやご本の翻訳も手がけています。
また長きにわたり、瞑想やボディワークの訓練を積み、セラピストとして活躍してきたティーチャーです。

コマラという寛容なハートとともにくつろぐこと。瞑想すること。
そのゆるぎない優しさと聡明な存在感は私たちの旅の途中にあるがままの自分らしくあること。
受け入れることの美しさを教えてくれるでしょう。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

オーガナイザー
スターポエッツギャラリー 今村仁美

 

 

お申し込み

スターポエッツギャラリー/今村仁美

以下の必須項目(*)にご記入の上、送信下さい。詳細をご案内いたします。

 

お名前*

 

ふりがな*

 

郵便番号*(半角) ※郵便番号を調べる>>

 

ご住所*
※郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村までは自動で入力されます。番地・建物名などはご記入下さい。

 

電話番号*

 

e-mail*

 

備考

 

 

送信後、自動返信メールがすぐに届きます。

しばらくしても届かない場合は、何らかの理由で届いていない可能性がありますので、

お手数ですが、再度お送り頂くか、as@star-poets.comまでご連絡下さいますようお願い致します。

 

黒田コマラ PROFILE

オーラソーマティーチャーとして20年のキャリアを持ち、ボディワーク、エネルギーワーク、サイキックリーディングとヒーリング、瞑想、そしてカウンセリング、数秘学、タロットなども含めて、霊的、精神的、感情的、エネルギーレベルに対応するさまざまなトレーニンを国内外で学んだことをティーチングのバックグランドとしています。

25年以上の瞑想体験から、瞑想をあらゆるティーチングの基盤としており、オーラソーマシステムの深い理解と、それを人生における変容のツールとして教え、ベーシックトレーニングだけでなく、ブリッジコース、ティーチャー1コースなど国内だけでなく、アジアの各国でも教えています。
また15年以上、オーラソーマシステムのマイクブース学長の専属通訳をしており、その体験からも、多くのトランスミッションをマイクから受け取り、分かち合うものは情報にとどまりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です