2016/6/22

エリックと巡るディバイン淡路島~イザナギイザナミ国生み神話をたずねて!

エリック・ペラムと行く淡路島〜イザナギイザナミ国生み神話の旅
スペシャルゲストにイルカのみなさん!

日時

2016/6/22(水)10:00-20:00

 

——————同時開催——————

6/23(木)~24(金)は2Daysコースを開催します。

詳細はこちらからご覧ください。

参加費

19,200縁(いーくに税込)(レンタカー代含む交通費、ランチ代込み)
クレジットカード決済可能

ドルフィンふれあい参加費 別途3,000縁

(7名様まで先着順、人数が多い場合は抽選とさせていただきます。)

(現地にて3,000円の決済をお願いします。)

お申し込み

お申込みはこちら>>
お問合せ

スターポエッツギャラリー(株)

担当:今村仁美 http://star-poets.com

as@star-poets.com

080-4339-4196

 


 

日本の始まりの地、淡路島、夫婦の故郷、淡路島!

はるか昔にイザナギノミコト、イザナミノミコト野二神が天井の天の浮に立ち、
矛で大海原をかき回し滴り落ちた潮が固まり合って「おのころ島」が誕生しました。
二神は淡路島をはじめとして数々の島を生んで日本の国を作りました。

 

海と山と花々に満ちる島。淡路島をエリックと渡るディバインツアー!!

ドルフィンファームにもお邪魔します!

楽しむこと喜ぶこと!天真爛漫にエリックと遊ぶツアー!

2012年の宮古島以来の実現となりました!

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

スターポエッツギャラリー 今村仁美

 

 

注:淡路島ツアーでは明石海峡公園には立ち寄りませんが、集合場所である淡路夢舞台国際会議場より徒歩で行けます。 

ツアー内容

10:00

淡路夢舞台高速バス乗り場ウェスティンホテル前 集合

 

伊弉諾神宮 参拝

 

ランチタイム:たこせんべいの里エリアにて(おみやげ買い物フリータイムあり)
http://www.takosato.co.jp/shop/

 

じゃのひれドルフィンファームへ~イルカとふれあう。

16:30

土生発 沼島汽船(所要時間10分)に乗り沼島(おのころ島)へ

〜ハートの上立神岩に会いに行く! (歩く瞑想タイム)

 18:30

沼島発の船で戻ります。
その後淡路夢舞台ウェスティンホテルへ(約1時間)20時頃着予定。
解散
高速バス時刻表 http://www.yumebutai.org/access/detail/time_san.html

 注:お天気の関係により、沼島への移動は変更の予定があります。

ドルフィンファームは人数の予定により実際に体験できる方は先着順とさせていただきます。
お申し込みの際にドルフィンとふれあい希望欄にチェックマークを入れてください。
その際に別途3,000円(通常価格5,000円)の参加費がかかりますこと、ご了承くださいませ。

ご希望でない方も参加者全員ドルフィンファームに入り、実際のふれあいタイムを見守ることになります。

詳しくはこちらにてご確認ください。

じゃのひれドルフィンファーム http://www.janohire.co.jp/farm/course/ 

 

 

お申し込み方法

以下の必須項目(*)にご記入の上、送信下さい。

 

お名前*

 

ふりがな*

 

郵便番号*(半角) ※郵便番号を調べる>>

 

ご住所*
※郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村までは自動で入力されます。番地・建物名などはご記入下さい。

 

電話番号*

 

e-mail*

 

ドルフィンとふれあい希望*
するしない

 

 

*キャンセル規定です。ご確認ください。

キャンセルのご連絡は、3営業日前までにお願いいたします。
それ以降になりますと下記の通り、キャンセル料金が発生します。ご注意下さい。
2~1営業日前 参加費の50%  当日 参加費の100%
ご返金手続きが必要になった場合は、事務手数料及びお振込手数料560円を差し引いてのご返金となります。ご了承くださいませ。

 

Erik Pelham/エリック・ぺラム Profile

image00130年もの長きに渡って、世界中で最も支持を受けているカラーセラピーの最高峰オーラソーマプロダクツ社の研究所責任者として、製品のエネルギーを調整していたエリック・ペラム氏が、彼の類まれない能力により生み出だされた、最も現代社会に必要とされる光のギフト、これが『エリックスエッセンス』なのです。

かつて英国で指折りの写真家でもあったエリック氏は、花のディーバとコンタクトをとりフラワーエッセンスの分析を行っていました。キルリアン写真のテクニックをディーバから学び、エッセンスのエネルギーを写真におさめることに成功し、ヒーリングのエネルギーが実在することを確信しました。

image003何百ものフラワーエッセンスの分析後、ある女性が創ったシーエッセンスに出会うことで、シーディーバとコンタクトがとれ、海の生物のヒーリングのエネルギーをエッセンスにもたらす方法を学ぶことになります。
1994年、写真を通してエーテル上のディーバとつながり、シーエッセンスが誕生します。

1996年、アーサー王ゆかりの城を訪れた時、城の中の教会の祭壇に突然光が反射し、初めてソーラーカラービーイングとコンタクトをとり、バタフライエッセンスの誕生のプロセスが始まりました。

2010年に入ってさらに彼の能力はその必要と共に開花され、息子を通してもらされたイルカとクジラの魂と同調させる働きをもったドルフィン&ホエールエッセンスの誕生へとつながります。

さらに、こうしたプロセスに何年もの歳月を要し、特定の理由と目的に焦点を絞り、適切な役割のエッセンスが配合されているコンビネーションエッセンスが出来上がりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です