レベル3 アドバンスドコース

AURA(オーラ)は光、SOMA(ソーマ)は身体を意味します。

 

生命の樹は天と地をつなぐ梯子であり、神性が大地に下りてくる魂の光のルートを表しています。

 

あえて人として物資界を生き、手放なしていくことを学びながら、光と身体の統合された姿を望みます。

 

私たち一人一人が光の伝達者であることを理解し、共に大地に光のエネルギーをもたらす扉を開きましょう。

 

レベル3では、オーラ・ソーマ・カラーシステムとカバラの生命の樹との関係を探求していきます。

 

古代の叡知、カバラのサイエンスが見事にイクイリブリアムボトルという一つのアートになっていることに気がつくでしょう。

 

そして、オーラソーマの真髄に触れ、システムの本質につながることを容易にしてくれるでしょう。

レベル3を修了することにより、一般の人々に対して活動を広げていく事が出来るようになります。

 

 

 

レベル 3 受講前提条件

 

レベル1と2コース修了。
アカデミーのガイドラインに添ってエッセイ(400字詰原稿用紙 15枚分程度)が必要となります。
エッセイの提出がまだの方は、受講前までに提出をお願いいたします。(できれば一週間前までに提出をお願いいたします。)
エッセイについて、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
コース開催までにレベル1から3件、レベル2から3件、合計6件のコンサルテーション記録のコピーを提出してください。
(PPS受講済みの場合+PPSから3件)

 

コースの内容

 

一連のマスターボトルを通して表される意識の進化とカラーケアシステムの関係

生命の木とタロットに関連するイクイリブリアムボトルとのつながりとカバラの叡智

ボトルの中に隠されている色の解釈を広げ、実践的なアプローチによるリーディングのスキルアップ

コンサルタント、クライアントとオブザーバーの役割を意識する事によるコンサルテーション技術の向上

レベル1と2で学んだ情報の整理と確認、プロダクツの最新情報